データ取得中

無難にワインを注文する

少しきどったレストランでは、どのようにワインを注文すればいいのだろうか。
好きなものを注文すれば良いのだが、なかなかそれも難しいので無難な型を覚えるの悪くはない。

レストランでは、おおまかに3種類のお酒を注文することになる。
食前酒、食中酒、食後酒である。
それぞれについて、無難な注文を解説する。

1)食前酒
「シャンパンください」 で解決である。
何種類かあるようなら、ソムリエにそれぞれの特徴を解説してもらい、適当に選べば良い。
だいたい、ソムリエは安い順に説明するので、懐が不安なら一番最初に説明されたのを選ぶのが良い。
少し上級テクニックになるが「泡を下さい」と言うと通ぽく聞こえる。
さらに、この表現だと、スパークリングワインやカヴァ(シャンパンより安い)などがソムリエの案内に混じってくる可能性があるため経済効果も期待できる。

2)食中酒
1で選んだ泡モノを飲みながら、料理のメニューを決める。
料理のメニューが決まったぐらいのタイミングで、食中酒であるワインを決めることになる。
頼んだ料理との相性を考えながらワインをオーダーする方が良いが、実はそれほどこだわらなくても良い。
魚と肉がでる完全フルコースではなく、どちらか一方の簡単なコースを頼むこともあるだろうし、
前菜が1品しかなく、自分が肉系、お相手が魚系ということもあるだろう。
マリアージュ(料理と酒の相性)は重要だが、ぴたりと合わせるのはなかなか難しいので、飲みたいものを飲むのが良い。
ソムリエにオススメを聞く時は、一番合わせたい料理を言うと、ソムリエもすすめやすいだろう。
ソムリエに任せる際は以下のようにすれば良い。
(価格を指差しながら)「こういった感じので、メインのお肉に合うのをお願いできますか」などと発声すると、ソムリエがよしなにしてくれる。エレガントに「価格を指差す」のがポイントである。
料理毎に細かくワインを変えたいなら、ボトルではなくグラスでオーダーするのも良い。
最近は、一品毎に合わせたワインをグラスで出すタイプのレストランもよくみかける。
私は、ワインと料理がどうしても合わないときは、料理→パン→ワイン→水 と飲むことで、両方楽しむことにしている。
悲しいのは、水も有料だということだ。

3)食後酒
ひととおり料理が終わりデザートになると食後酒になる。
だいたいこの段階で酔っぱらっていることが多いので、食後酒を頼むと酒飲みだと思われる。
迷ったら、ソーテルヌと言えばよい。
甘口の美味しいワインが出てくるだろう。
個人的には、古いポートワインが好きである。